忍者ブログ
日中戦争(昭和12年)前から太平洋戦争サイパン島に渡る前までの七年間にわたって交された数百通の大場榮と峯子の往復書簡。戦地と故郷とを行き来するラブレターから当時の様子を垣間見る。 栄のサイパン島での活躍は「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」「タッポーチョ 敵ながら天晴 大場隊の勇戦512日」をご覧ください。
2月は、チョコレートの一番売れる時期ですね。
本来は、女性から愛の告白のできる日とか?
いえ、2月14日でなくても、いつでもできる現代ですが、
昭和の10年代には、珍らしかったでしょう。
(どちらかというと?)峯子の方が積極的だったかもしれませんが、
栄が結婚を決意したのは、昭和11年の初夏のころ。

===一部引用====
栄  昭和11年
峯子さんのこと、
年上なる上に従弟同士だから、誰が考えても不釣り合いの事と思うが、
(中略)
俺さえ峯子さんと結婚する気になれば、
それも一番円満な解決法かと思い、
(中略)
年上位なんでも無いと、あえて躊躇することはない。
で、俺もこう心に決めた以上、なるべく早く結婚した方が良策かと思い(中略)。
家も今、蚕で一杯だから、
もちろん結婚式何か挙げられやしない。
両方納得さえ行けば、
ついでにこちらに来て貰ってもさしつかえないと思うが
よく相談してみてください。

======

とあり、結婚式も挙げず・届けも後々にして、
峯子がタクシーで五号に行くことになったという訳。
物の無い時代でも、嫁入り道具を支度していた妹の結婚を横目で羨ましく思っていた事情も
理解できると思います。




PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
大場書簡を読み解く会
性別:
非公開
自己紹介:
2011年2月に出版。
引用文の無断コピーはご遠慮下さい。

「大場書簡を読み解く会」
senkanoloveletter@live.jp
最新コメント
[08/30 大場書簡を読み解く会]
[08/06 大場書簡を読み解く会]
[08/06 kazoz]
[05/28 大場書簡を読み解く会]
[05/24 ファン]
お問い合わせメール
メールはこちら
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  -- 大場栄と峯子の「戦火のラブレター」 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]