忍者ブログ
日中戦争(昭和12年)前から太平洋戦争サイパン島に渡る前までの七年間にわたって交された数百通の大場榮と峯子の往復書簡。戦地と故郷とを行き来するラブレターから当時の様子を垣間見る。 栄のサイパン島での活躍は「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」「タッポーチョ 敵ながら天晴 大場隊の勇戦512日」をご覧ください。
宝飯銃後新報 17年3月1日号
「長沙市街戦に殊勲たてた 大場栄中尉は蒲郡町出身」

この記事は、大毎(大阪毎日)新聞を要約したものとしています。

この戦いには裏ドラマがあります。
長沙戦は1月のことですが、
栄負傷の記事はあちこちに書かれ、
峯子の17年1月24日、25日の手紙には
1月18日の新愛知新聞に大場隊の活躍とともに
大場栄(静岡出身)の戦傷記事があったと書かれています。
実際は静岡ではなく、蒲郡の大場栄の間違い記事だったと後に判明します。
====一部引用====
峯子 17年1月25日
一月十八日の新愛知新聞に、
大場榮隊長のめざましい戦功が記載されておりました。
そして、戦半にして、惜しくも傷付かれて、
水島少尉に後事を託して云々とございました。
大場隊長の住所は、静岡県浜名郡芳川村とございましたので、
色々と調べました所、大場范一中尉のご住所で、
貴方様のお名前が出ておりました由。
牧山のお母様も峯子も、きっと貴方様がご負傷なさいました事と
毎日案じております。
二日ばかり遅れて、大阪毎日にも、
同じような記事が記載されておりました。
やっぱり、大場榮、静岡県浜名郡芳川村でございました。
豊橋連隊司令部へも照会いたしました所、
どちらの大場とも分らないでしまいました。
人伝てに伺いますと、芳川村の大場家でも、専らご心配の由と伺います。
人一倍お寝坊の峯子も、日夜案じ暮して、夜も落着いて眠られない程でございます。


======

峯子や家族の心配は募ります。
PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
大場書簡を読み解く会
性別:
非公開
自己紹介:
2011年2月に出版。
引用文の無断コピーはご遠慮下さい。

「大場書簡を読み解く会」
senkanoloveletter@live.jp
最新コメント
[08/30 大場書簡を読み解く会]
[08/06 大場書簡を読み解く会]
[08/06 kazoz]
[05/28 大場書簡を読み解く会]
[05/24 ファン]
お問い合わせメール
メールはこちら
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  -- 大場栄と峯子の「戦火のラブレター」 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]