忍者ブログ
日中戦争(昭和12年)前から太平洋戦争サイパン島に渡る前までの七年間にわたって交された数百通の大場榮と峯子の往復書簡。戦地と故郷とを行き来するラブレターから当時の様子を垣間見る。 栄のサイパン島での活躍は「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」「タッポーチョ 敵ながら天晴 大場隊の勇戦512日」をご覧ください。
昨年11月にお知らせしましたが、
中津川の方でフィリピンで戦死された方の手紙
来月出版されるようですね。

【中日新聞の本】
8月6日発売予定!
『戦場からの恋文』

太平洋戦争中、戦地フィリピンから、郷里へ残した妻へ「恋文」を送り続けた軍人がいた。
その軍人とは、岐阜県中津川市出身の青山泉陸軍大尉(戦時中は中尉)。
妻・青山フユさんは、受け取った手紙とはがき計約140通を大切に保管し、
さらに一字一句すべてをノートに書き写した。
夫婦に子どもはなかったが、高校教諭だったフユさんは、
戦死した夫の「恋文」を心の支えに、
生徒に対して実の母親であるかのような愛情を注ぎ、
1999(平成11)年90歳の天寿を全うした…。

昨年11月11日付「中日新聞」朝刊一面で報じ、
読者から大きな反響を得た、戦時下に交わされた夫婦愛の記録を本にまとめました。
全書簡から約60余通を精選。
東京大学名誉教授の宮地正人氏の詳細な解説を巻末に付けました。

今年も巡りくる暑い夏に、戦争で引き裂かれながらも
互いへの思いやりで強く結びついていた夫婦の姿を通し、
あの戦争とは何だったのか、改めて問いかける一冊となっています。               

       定価1,680円 
       A5判・カラー口絵8ページ+本文252ページ
~~~~~

こちらも、
大庭栄さんの「大場栄と峯子の戦火のラブレター」や
小笠原久雄さん「明日からは百姓になります」と
合わせて読みたい本です。
PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
大場書簡を読み解く会
性別:
非公開
自己紹介:
2011年2月に出版。
引用文の無断コピーはご遠慮下さい。

「大場書簡を読み解く会」
senkanoloveletter@live.jp
最新コメント
[08/30 大場書簡を読み解く会]
[08/06 大場書簡を読み解く会]
[08/06 kazoz]
[05/28 大場書簡を読み解く会]
[05/24 ファン]
お問い合わせメール
メールはこちら
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  -- 大場栄と峯子の「戦火のラブレター」 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]