忍者ブログ
日中戦争(昭和12年)前から太平洋戦争サイパン島に渡る前までの七年間にわたって交された数百通の大場榮と峯子の往復書簡。戦地と故郷とを行き来するラブレターから当時の様子を垣間見る。 栄のサイパン島での活躍は「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」「タッポーチョ 敵ながら天晴 大場隊の勇戦512日」をご覧ください。
昨日は秋文の日で祝日したね。
ウィキペディアによると、
皇霊祭(こうれいさい)、
すなわち春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)・秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)は、
明治11年(1878年)にそれまでの歴代天皇や主たる皇族の忌日を
春と秋に纏め奉祀したものである。
現在は「国民の祝日に関する法律」により
それぞれ春分の日・秋分の日となっている。

もともとこの日に最も近い戊の日は、
社日として氏子が氏神たる神社に参詣し、
春は五穀豊穣を祈り、秋は実りある収穫に感謝する習わしがあった。
古代中国では祖廟を祀る日であった。

ということで、実りの秋を祝う秋季節皇霊祭は、
峯子のお手紙にも何度か記述され、
支度で忙しい様子が描かれています。
====
峯子  9月
暑い寒いも彼岸までとか、諺にも申しますが、
本当に暮らしよくなりました。
秋季皇霊祭でございます。
光昌寺では、今おつとめの最中でございます。
昨日は日曜日、今日は祭日の日直でございます。
時計の音ばかりが静かに響いています。


====


このカテゴリーの記事を読む
当時の社会
PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
Trackback
トラックバックURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
大場書簡を読み解く会
性別:
非公開
自己紹介:
2011年2月に出版。
引用文の無断コピーはご遠慮下さい。

「大場書簡を読み解く会」
senkanoloveletter@live.jp
最新コメント
[08/30 大場書簡を読み解く会]
[08/06 大場書簡を読み解く会]
[08/06 kazoz]
[05/28 大場書簡を読み解く会]
[05/24 ファン]
お問い合わせメール
メールはこちら
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  -- 大場栄と峯子の「戦火のラブレター」 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]