忍者ブログ
日中戦争(昭和12年)前から太平洋戦争サイパン島に渡る前までの七年間にわたって交された数百通の大場榮と峯子の往復書簡。戦地と故郷とを行き来するラブレターから当時の様子を垣間見る。 栄のサイパン島での活躍は「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」「タッポーチョ 敵ながら天晴 大場隊の勇戦512日」をご覧ください。
行軍中は、まともな食事も取れず、
怪我をして後送される時にも「トラックの中で飯もなく」
という状態もあったようです。
隊の食事はたいていは不味いようで、
支那人が売りに来るきゅうり(3~5本が10銭くらい)を買って
漬物でも漬けようかと思うが思うように塩がないとも言っています。
また、婦人雑誌の美味しそうな料理を見て、
帰ったら食べたいので研究しておけなどとも書いています。
時々、気分がよいと、こんな冗談も言っています。
 ==一部引用==
栄10246
「一度ハヤシライスか天丼でも食いたくなりました。
天ぷらが一度食べたいです。
暑いから、氷の天ぷらなら尚良いです。
氷の天ぷらでも送って貰えんかな。」


 ====ここまで
また、戦闘が落ち着いて、警備をしている頃や入院中には、
なかなか立派な献立の食事の出る時もあったようです。

 ==一部引用==
15年4月 10228栄
「豚汁に玉子焼き大根おろし麦めしと、
先づ戦野としては上の上です。」

 ====ここまで

PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
Trackback
トラックバックURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
大場書簡を読み解く会
性別:
非公開
自己紹介:
2011年2月に出版。
引用文の無断コピーはご遠慮下さい。

「大場書簡を読み解く会」
senkanoloveletter@live.jp
最新コメント
[08/30 大場書簡を読み解く会]
[08/06 大場書簡を読み解く会]
[08/06 kazoz]
[05/28 大場書簡を読み解く会]
[05/24 ファン]
お問い合わせメール
メールはこちら
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  -- 大場栄と峯子の「戦火のラブレター」 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]