忍者ブログ
日中戦争(昭和12年)前から太平洋戦争サイパン島に渡る前までの七年間にわたって交された数百通の大場榮と峯子の往復書簡。戦地と故郷とを行き来するラブレターから当時の様子を垣間見る。 栄のサイパン島での活躍は「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」「タッポーチョ 敵ながら天晴 大場隊の勇戦512日」をご覧ください。
昭和20年12月1日の朝は、
栄たちサイパン島のタッポーチョ山から下りてきた日、
栄達の「終戦」です。
映画「太平洋の奇跡」にも描かれた
感動的なシーンのひとつですね。
そして米軍の司令官に、栄が軍刀を渡すシーンは、
当時の米軍の新聞にも、写真付きで報道されています。
また、現在でもサイパンの
タッポーチョ山頂やアメリカンメモリアル記念館にも
掲示してあるそうです。

栄は、戦闘中に軍刀を何度か失くしていて、
14年にも支那大陸で55円で求めてますが、
峯子の手紙からすると
16年12月に、日本でも調達しています。
栄が最後まで闘いに携行し
米国に渡ってオークションにかけられ転々とし、
その後何十年も経ち
ドン・ジョーンズ氏が栄に返したという
例の刀は、手紙に出てくるこの峯子が買ったものでしょうか?
それとも?

===一部引用===
峯子 16年12月28日

軍刀がやっと手に入りました。
金百八拾円でございますとか。
値が高いようですが、
非常時も物資騰貴の為、
仕方ないそうでございます。


====









17年秋に、峯子は一弘を連れ
満洲に渡っていますが、
その時に子どもが軍刀を背負っていったと
親戚筋の方が覚えています。
その時の「軍刀」は
栄の手紙からすると
「指揮刀」だったと思われます。
PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
大場書簡を読み解く会
性別:
非公開
自己紹介:
2011年2月に出版。
引用文の無断コピーはご遠慮下さい。

「大場書簡を読み解く会」
senkanoloveletter@live.jp
最新コメント
[08/30 大場書簡を読み解く会]
[08/06 大場書簡を読み解く会]
[08/06 kazoz]
[05/28 大場書簡を読み解く会]
[05/24 ファン]
お問い合わせメール
メールはこちら
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  -- 大場栄と峯子の「戦火のラブレター」 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]