忍者ブログ
日中戦争(昭和12年)前から太平洋戦争サイパン島に渡る前までの七年間にわたって交された数百通の大場榮と峯子の往復書簡。戦地と故郷とを行き来するラブレターから当時の様子を垣間見る。 栄のサイパン島での活躍は「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」「タッポーチョ 敵ながら天晴 大場隊の勇戦512日」をご覧ください。
4度目の秋から冬を迎えようという頃、
戦地で栄は
思い出の多い秋から厳しい冬に立ち向かう決意を込めて書きます。

===一部引用===
栄  15年10月30日

 “人生は 重き荷を負うて
    遠き坂道を行くがごとし”
 違うかも知れないが、
こんな格言があった様な気がする。
うまい名言だと思う。急ぐべからず。
とかく俺等は物事を急いでいけない。
落ちついて天運にまかせる主義でいきたい。
人を相争いせず、吾天を相手とする。
然り天を相手とせん。


=====


天を相手にすればこそ
過酷な戦場
何度もかすめる命の危機
辛い試練も乗り越えられたのでしょうか。




このカテゴリーの記事を読む
栄の人柄・好み














PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
Trackback
トラックバックURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
大場書簡を読み解く会
性別:
非公開
自己紹介:
2011年2月に出版。
引用文の無断コピーはご遠慮下さい。

「大場書簡を読み解く会」
senkanoloveletter@live.jp
最新コメント
[08/30 大場書簡を読み解く会]
[08/06 大場書簡を読み解く会]
[08/06 kazoz]
[05/28 大場書簡を読み解く会]
[05/24 ファン]
お問い合わせメール
メールはこちら
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  -- 大場栄と峯子の「戦火のラブレター」 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]