忍者ブログ
日中戦争(昭和12年)前から太平洋戦争サイパン島に渡る前までの七年間にわたって交された数百通の大場榮と峯子の往復書簡。戦地と故郷とを行き来するラブレターから当時の様子を垣間見る。 栄のサイパン島での活躍は「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」「タッポーチョ 敵ながら天晴 大場隊の勇戦512日」をご覧ください。
栄の実家は農家で、米作や養蚕をしています。
嫁に行った峯子は
手伝うのが当然となるのですが、
子どもにはまだ手がかかるし
育った環境から、なかなか農作業はできません
栄も、両親に宛てた手紙で、
「峯子には、子守だけさせてやってくれ」と
援護しますが、
きっと両親からは間に合わない嫁と思われていたかも。
体にきつい労働も
日に焼ける作業で黒くなるのも
峯子には辛い事だったでしょう。

ですから、峯子は婚家では居づらくて
実家(三谷)によく帰っています。
しかし実家には、兄嫁も、まだ嫁がない妹もいて
そこも安住の地ではないと、
峯子は書いています。


同じカテゴリーの他の記事を読む
「峯子の寂しさ」
PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
諺に
by 大場書簡を読み解く会 URL 2011/04/14(Thu)06:59 Edit
昔から
女三界に家なし(http://dic.yahoo.co.jp/dsearch/0/0ss/102881100030/)
といいますから、
身で味わっていたのでしょう。
Trackback
トラックバックURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
大場書簡を読み解く会
性別:
非公開
自己紹介:
2011年2月に出版。
引用文の無断コピーはご遠慮下さい。

「大場書簡を読み解く会」
senkanoloveletter@live.jp
最新コメント
[08/30 大場書簡を読み解く会]
[08/06 大場書簡を読み解く会]
[08/06 kazoz]
[05/28 大場書簡を読み解く会]
[05/24 ファン]
お問い合わせメール
メールはこちら
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  -- 大場栄と峯子の「戦火のラブレター」 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]