忍者ブログ
日中戦争(昭和12年)前から太平洋戦争サイパン島に渡る前までの七年間にわたって交された数百通の大場榮と峯子の往復書簡。戦地と故郷とを行き来するラブレターから当時の様子を垣間見る。 栄のサイパン島での活躍は「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」「タッポーチョ 敵ながら天晴 大場隊の勇戦512日」をご覧ください。
栄は、とても心遣いのできる男性だったと思います。
13年の5~6月でしょうか、
一弘と峯子に送金しています。

======
栄 13年

過日、君宛に十円送金いたしました。少ないですが、
内五円は一弘の誕生のプレゼントです。
大分遅くなりましたが、せめて誕生祝い、父からの贈物です。
何なりと一弘の為に有効に使用して下さい。
残りの五円は峯子に送ります。
六月九日の記念として愛妻に送ります。


====

13年当時は、軍の俸給を本人が受け取っていたのでしょうが、
戦地でも現金が使いようのない場所だったり
家族に仕送りする兵士が利用する
野戦郵便局の開設が難しい
というような理由があったのでしょうか、
俸給は15年12月から留守宅の受け取りとなります。
この時、受取人を栄の父にするか
峯子にするかでやりとりがありますが、
結局三谷の峯子にしています。

文中の、6月9日記念日についてはこちら
その理由










PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
Trackback
トラックバックURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
大場書簡を読み解く会
性別:
非公開
自己紹介:
2011年2月に出版。
引用文の無断コピーはご遠慮下さい。

「大場書簡を読み解く会」
senkanoloveletter@live.jp
最新コメント
[08/30 大場書簡を読み解く会]
[08/06 大場書簡を読み解く会]
[08/06 kazoz]
[05/28 大場書簡を読み解く会]
[05/24 ファン]
お問い合わせメール
メールはこちら
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  -- 大場栄と峯子の「戦火のラブレター」 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]