忍者ブログ
日中戦争(昭和12年)前から太平洋戦争サイパン島に渡る前までの七年間にわたって交された数百通の大場榮と峯子の往復書簡。戦地と故郷とを行き来するラブレターから当時の様子を垣間見る。 栄のサイパン島での活躍は「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」「タッポーチョ 敵ながら天晴 大場隊の勇戦512日」をご覧ください。
榮は、つくづく幸運に恵まれていたと思います。
何度も死神とすれ違っていた筈なのですが、
その度に幸運の女神がほほ笑みます。
中支での戦傷も、
致命傷はなく何度か入院してもまた戦線に復活しています。
また、往復書簡の届かなくなってしまった
満洲から南方までの「奇跡」!!
昭和19年 2/28
榮の歩兵第18連隊は、満州より南方に向けて出発し、
グアムに向かっていた崎戸丸に乗っていましたが、
明けて29日、
途中米軍潜水艦の魚雷攻撃で沈没。
多くの方が海に消えた中(合掌)、
18時間の重油の海での漂流後、
救助され、サイパン島に上陸します。
その間のドラマは、
グアム戦 海没した歩兵第18連隊 その1~9)
太平洋戦争の傷跡 次世代への橋渡し)に詳しく載っております。
榮は、その後の激戦地!サイパンでも
最後まで生き抜きます。
その活躍は、「タッポーチョ・敵ながら天晴 大場隊の勇戦512日」、
太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」をご覧いただけたらと思います。







大場栄と峯子の戦火のラブレター」では、
「その後の二人」という章で触れています。
ここだけでも1冊書けそうなくらいです。
エピソードが多すぎる!
もし、テレビドラマにしちゃっても
1年の連ドラで終わらないくらいたくさんありますよww
PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
大場書簡を読み解く会
性別:
非公開
自己紹介:
2011年2月に出版。
引用文の無断コピーはご遠慮下さい。

「大場書簡を読み解く会」
senkanoloveletter@live.jp
最新コメント
[08/30 大場書簡を読み解く会]
[08/06 大場書簡を読み解く会]
[08/06 kazoz]
[05/28 大場書簡を読み解く会]
[05/24 ファン]
お問い合わせメール
メールはこちら
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  -- 大場栄と峯子の「戦火のラブレター」 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]