忍者ブログ
日中戦争(昭和12年)前から太平洋戦争サイパン島に渡る前までの七年間にわたって交された数百通の大場榮と峯子の往復書簡。戦地と故郷とを行き来するラブレターから当時の様子を垣間見る。 栄のサイパン島での活躍は「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」「タッポーチョ 敵ながら天晴 大場隊の勇戦512日」をご覧ください。
峯子は15~17年
三谷小学校の教師をしていますが
15年11月その折、研究事業の事に触れています。

===一部引用===
峯子 15年11月29日


今月は色々な行事のみ多くて、
日曜日に恵まれないで暮れてしまいました。
一番最後の日曜日のみは、
出校しないでもようございましたけれど、
木曜日に峯子の算術の研究授業がございましたので、
色々その準備の為、
忙しい思いをいたして一日暮れてしまいました。
研究授業は、夏休前からの峯子の心配の種でございましたけれど、
諺にも「安ずるよりも生むが易い」とか申す事も有る如く、
心配した種の事も無く、
案外良い批評を頂きました事を嬉しく存じます。


======

峯子の教師としての一面も垣間見えます。
学校での話題は、日直の時のお手紙や、
職員室での一コマのエピソードなども
時折書かれています。

現在でも、この時期、
秋の学校行事に、年度末の評価や保護者への対応、
毎日の授業の準備に先生は大変だと思います。
でも、子どもたちの明るい未来を作る
大事なお仕事ですね。


余談ですが、
栄も峯子も教師をしていたので、









蒲郡豊橋でのパネル展示会場に、
教え子さんたちが来場いただき、
写真を見て懐かしがったり、
当時の事が書かれているお手紙を読み
蘇った当時の事をお話くださったことを思い出しました。


来月にも豊橋市内喫茶店で
ミニパネル展示をいたしますので、
またお出かけください。
PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
Trackback
トラックバックURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
大場書簡を読み解く会
性別:
非公開
自己紹介:
2011年2月に出版。
引用文の無断コピーはご遠慮下さい。

「大場書簡を読み解く会」
senkanoloveletter@live.jp
最新コメント
[08/30 大場書簡を読み解く会]
[08/06 大場書簡を読み解く会]
[08/06 kazoz]
[05/28 大場書簡を読み解く会]
[05/24 ファン]
お問い合わせメール
メールはこちら
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  -- 大場栄と峯子の「戦火のラブレター」 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]