忍者ブログ
日中戦争(昭和12年)前から太平洋戦争サイパン島に渡る前までの七年間にわたって交された数百通の大場榮と峯子の往復書簡。戦地と故郷とを行き来するラブレターから当時の様子を垣間見る。 栄のサイパン島での活躍は「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」「タッポーチョ 敵ながら天晴 大場隊の勇戦512日」をご覧ください。
満洲へは、門司から海路で朝鮮半島へ、
釜山から満州鉄道で海城につきます。
大連周りもあるようですが、
峯子と一弘は、
栄の用意した割引証
10月の内に出発しています。
割引証の日付が違うと、
もう一度満洲の事務所で発行手続きをしなくてはならないので
11月に出発するようなら、どうしたらよいだの
渡満の準備について
いろいろ指示しています。

===一部引用===
栄 17年秋

峯子達の招致は色々都合もある事と存じますが、
先ず十一月頃と予定し願いを出しておきました。
(中略)許可あり次第、
家族証明書、運賃割引証その他、必要書類を送ります。
朝鮮の釜山経由にしておきました。
割引証も釜山からこちらまでの満鉄の割引証です。
大連廻りもありますが朝鮮の方が良い様
です。
荷物はチッキにする事が楽な様です。

====

栄は満洲の様子が分かるよう、
住まうことになる家族官舎の間取り
長男が通うことになる学校の事も
書き記して送っています。
この経路は一般的だったようで、
同じような時期に
満洲海城に渡った手記
「私の太平洋戦争」にも
経路が詳しく出ていました。


こういう生きた資料は、
本当にありがたいですね。
PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
大場書簡を読み解く会
性別:
非公開
自己紹介:
2011年2月に出版。
引用文の無断コピーはご遠慮下さい。

「大場書簡を読み解く会」
senkanoloveletter@live.jp
最新コメント
[08/30 大場書簡を読み解く会]
[08/06 大場書簡を読み解く会]
[08/06 kazoz]
[05/28 大場書簡を読み解く会]
[05/24 ファン]
お問い合わせメール
メールはこちら
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  -- 大場栄と峯子の「戦火のラブレター」 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]